HOI4/Kaiserreichの艦船考察

初回:カナダ自治領

山本五十六.png
ということで初回はカナダ自治領こと亡命イギリスからです

ニミッツ.png
第1次、第2次ユトランド沖海戦と革命によっていくつかの艦船を失っているが、それでも強大な海軍を持つ国家だ。

山本五十六.png
しかし旧式艦も多く、新進気鋭のイギリス連合に古強者は勝てるのでしょうか

戦艦

ニミッツ.png
まずは戦艦から見て行こう

山本五十六.png
総数は22隻存在します。さすがはロイヤルネイビーと言ったところです

ニミッツ.png
その栄光は未だ陰っていないな

20201014202728_1.jpg

山本五十六.png
…しかし、ベレロフォンまで現役というのはちょっと

ニミッツ.png
ドレッドノートの次に建造された弩級戦艦だぞ、艦歴は30年に到達しそうな超老朽艦じゃないか…

山本五十六.png
ないよりはマシというレベルでしょうね…
あとなぜかベレロフォン級とまとめられてますがオライオン級もいます*1

山本五十六.png
あとはアイアン・デューク級が1、クイーン・エリザベス級3、リヴェンジ級が4ですね

ニミッツ.png
史実でも存在した艦なので説明は省くぞ

山本五十六.png
さて、ここからKR独自の艦も出てきますよ

20201014202626_1.jpg
山本五十六.png
ネルソン/ロドネー級です、太平洋側に2隻いて計5隻存在

ニミッツ.png
これなあ、スペック的に見て、史実のネルソン級とは違うと思うんだよな

山本五十六.png
というと?

ニミッツ.png
計画案のG3案っぽい感じだ。*2高速で16インチ(40.6)砲を搭載、防御もあるという強力な戦艦案だ

山本五十六.png
史実ではワシントン条約で廃案でしたが、それがないKR世界では建造されていてもおかしくありませんね
G3案では速力は31ノットほどを想定していたそうですが、ゲーム中だと27ノットなのは再現しきれなかったのか案を見直した結果なのか

20201014202616_1.jpg

山本五十六.png
続いてアドミラル級、ハウです。

ニミッツ.png
別名はフッド級、この世界では量産されていたのだろう
ちなみにフッドはオーストララシア海軍所属だ

20201014202553_1.jpg

山本五十六.png
最後はこちら、カナダ自治領最大の戦艦、マグニフィセント級です

ニミッツ.png
KRだと超大型戦艦が弩級戦艦(DN)呼びで、始めたころは混乱したんだよな…

ニミッツ.png
個人的な勘だがおそらく18インチ(45.7)砲を搭載した戦艦案のN3型*3がモデルと思われる
ポートレートのこの主砲配置が特にそれっぽいし

山本五十六.png
それにしても18インチとは、これを3隻も作れるのはさすがイギリスですね

ニミッツ.png
こんなものを作っているから財政難になるんだぞ

空母

山本五十六.png
少数ながら在籍しています。イギリス連合は航空主兵を推し進め、多数の空母を配備しているのとは対照的ですね

ニミッツ.png
イギリス連合は空母キチに若干足を踏み入れてるからな…

20201014202541_1.jpg

山本五十六.png
ハーミーズ級空母が2隻、もう1隻のアーガスは太平洋側

ニミッツ.png
おおむね史実通りの性能だな、しかし配備数が2のみというのは日、米そして独に劣ってしまう
他はおそらく連合側だろう

装甲巡洋艦

山本五十六.png
たぶん巡洋戦艦に近い存在なんでしょうが、種別がよくはっきりしない艦です

ニミッツ.png
仮に巡洋戦艦だったとすると、史実イギリスでは大量に持っていたのに今はかなり少なくなっている

山本五十六.png
ユトランドでかなり失ったのかもしれません

20201014202602_1.jpg

山本五十六.png
ベルンハム級2隻が存在します

ニミッツ.png
これについては元ネタがわからなかった。作者のリサーチ力不足で申し訳ない

巡洋艦

20201014203240_1.jpg

山本五十六.png
ホーキンス級です

ニミッツ.png
史実の重巡洋艦に近い艦だな。ちなみにKRでは重巡という艦種自体は存在するが史実とは大きく異なる

山本五十六.png
こちらはおそらく、史実とあまり変わらないスペックと思われます

護衛巡洋艦

ニミッツ.png
史実で言う軽巡洋艦だ。イギリスでは大半を1次大戦型のタウン級(初代)、エメラルド級、C級、ダナエー級が占めている

20201014203114_1.jpg

20201014203126_1.jpg

20201014203249_1.jpg

山本五十六.png
唯一オリジナルなのはモンクトン級のみですね、ポートレートを見るに史実のリアンダー級に近いと思われます

20201014203105_1.jpg

山本五十六.png
ところでこの艦は…?

エンプレス.jpg

ニミッツ.png
エンプレスという巡洋艦は聞き覚えがないので、検索したら水上機母艦が出てきたぞ…
それも元は民間船で、1919年に返還されてるらしい

山本五十六.png
まあ史実と異なりますし、返還されずにここにいるってことなんでしょうかね…

駆逐艦

ニミッツ.png
旧式艦のオンパレード、以上

山本五十六.png
そんなにざっくり言わんでも…とはいえ本当に旧式の艦ばかりなんですよね

20201014203136_1.jpg

20201014203149_1.jpg

ニミッツ.png
アカスタ、クルセイダー級はまだ戦間期型だが、そのほかは完全にWW1世代だぞ

20201014203205_1.jpg

20201014203217_1.jpg

排水量も1000トンちょっとの連中だ

山本五十六.png
艦隊の維持費でかなり持っていかれてるのか、近代化はあまり進んでいませんね

ニミッツ.png
ロンドン海軍軍縮条約がないので駆逐艦は無制限にとって置けるのもあるかもしれんな

潜水艦

ニミッツ.png
かなり架空艦が多いので推測多めだぞ、留意してほしい

K-class.jpg

ニミッツ.png
たぶんこのK級は一次大戦中に建造されたK級と同じと思われる。K-26までしか作られていないので、それ以降の型番は大戦が長引いたんで多く作られたんだろう

20201014203227_1.jpg

ニミッツ.png
それでN級、おそらく史実では1隻しか作られなかったノーチラス級の量産型だと推測する

X-2.jpg

X-2は1隻しか作られなかったX-1級の同型艦だろうな。X-1は大型の潜水艦だったそうだ

20201014203328_1.jpg

山本五十六.png
H級も一次大戦型ですし、潜水艦は旧式が多いです

まとめ

ニミッツ.png
亡命イギリス海軍はかなりの大型艦を持っているが、肝心の補助艦はあまり心もとない。また旧式艦も多く、きつい言い方をすれば規模だけは大きい海軍だ
山本五十六.png
まあHoi4じゃ性能差はそこまではっきりと表れませんけどね
ニミッツ.png
今後は恐らく、カナダでも建造が可能な小型艦を中心に近代化と規模の拡大が進められるだろう。イギリス連合も海軍増強を図っている現状、フランスとの連携は必須だ
山本五十六.png
空母の数で大きく連合に負けているのも気になります。Hoi4ならともかくリアルだと一方的に戦艦を沈められてしまいそうです
ニミッツ.png
前途多難ではあるが、そこはロイヤルネイビーの底力を見せてもらいたいな

山本五十六.png
というわけで、はたしてAARと呼んでいいのかわかりませんが第1回はこれで終わりです
ニミッツ.png
考察と言っておきながらほとんど紹介に近かったが、見てくれた諸君には感謝するぞ


*1 ベレロフォンは最初期の弩級戦艦、それに対しオライオンは最初の超弩級戦艦。一緒はおかしいよなあ!?
*2 詳しくはこちらを参照(wiki)https://ja.wikipedia.org/wiki/G3%E5%9E%8B%E5%B7%A1%E6%B4%8B%E6%88%A6%E8%89%A6
*3 詳しくはこちら(Wiki)https://ja.wikipedia.org/wiki/N3%E5%9E%8B%E6%88%A6%E8%89%A6

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-15 (木) 23:48:38