HOI4/野望の果て

第3章 反撃

1947年 首相室

クルト・シュシュニック.pngふぅ。今日も生き延びることができたか。
インクヴァルト.pngシュシュニック、それも今日までだ。すまんな。
https://i.imgur.com/nnmwosz.jpg
クルト・シュシュニック.pngな、何!?

Paaaaam!!

クルト・シュシュニック.png・・・インクヴァルト・・・な、なぜ・・・・私を・・・

(ガク)

インクヴァルト.png・・・
インクヴァルト.png終わったぞ。シュシュニック。

(ガチャ)

シュシュニック2.pngこっちも片付いたよ。インクヴァルト。
インクヴァルト.png我々はアインシュタイン博士の作ったタイムマシンで「あっちの世界」から「こっちの世界」にきたが、「こっちの世界」の自分がすでにいるのでは、矛盾が生じるからな。
インクヴァルト.png始末するほかない。
シュシュニック2.png自分を自分で殺すというのはいかにもまずかったので、お互いを殺させたが、さすがに後味が悪いよ。
インクヴァルト.pngやむを得まい。さあ、遺体を片付けよう。「こっちの世界」の自分になりきるんだ。
インクヴァルト.png(それにしても「あっちの世界」でドイツが使ったあの新兵器・・・あれさえあれば・・・)

・・・

エグルゼーア.pngあ、インクヴァルト首相、シュシュニック副首相、先程軍の視察を終えてきました。
エグルゼーア.png・・・?青い顔してどうかしたので?
インクヴァルト.png・・・(どうやら「こっちの世界」のエグルゼーア将軍は気づいていないようだな)
シュシュニック2.png・・・(ふぅ。なんとか遺体を片付けるところに鉢合わせしないで済んだようだね。)
シュシュニック2.pngいや、将軍、ご苦労だったね。状況をまとめてくれ。
エグルゼーア.png先程入った情報です。朗報かもしれません。ルーマニアがソ連に宣戦布告しました。
https://i.imgur.com/jSl3yb4.jpg

インクヴァルト.png何!?では・・・!!
https://i.imgur.com/le6DdEO.jpg

エグルゼーア.pngはい。そしてドイツがモロトフ=リッペンドロップ協定を破棄。
https://i.imgur.com/5tY97nn.jpg

シュシュニック2.pngということは、ソ連とドイツが・・・!
エグルゼーア.pngついに始まったようです!
https://i.imgur.com/jwsfv6M.jpg

シュシュニック2.pngこれはチャンスかもしれない。これでドイツがソ連と血みどろの戦いをしてくれれば、我々に勝機が出てくるよ。
インクヴァルト.png将軍、急いで戦闘機を配備し、アルプス地方の制空権を取るんだ。
エグルゼーア.pngへ?今でも対空は十分で、それほど被害は受けませんよ。今更制空をとる必要あります?
インクヴァルト.pngいいから言われた通りにするんだ。
エグルゼーア.pngは、は、はい。わかりました。
https://i.imgur.com/YZRS9Hg.jpg

インクヴァルト.pngさらに日本がアメリカに屈したようだ。中華統一戦線が随分と頑張っている。
シュシュニック2.pngどうやら微妙に歴史が動いてきたようだね。
https://i.imgur.com/QgJ1HxC.jpg

シュシュニック2.png地上においての戦線は実に安定しているね。12ヶ月で1kを切るほどの少ない犠牲であるが、月あたりの徴兵数は300人ほどだよ。
インクヴァルト.pngさらに野戦病院中隊があるから、戻りを考えると完全に黒字だ。
https://i.imgur.com/ut68ab1.jpg
https://i.imgur.com/Y7iCtXy.jpg

シュシュニック2.png一方、アジアの状況だ。中華民国が枢軸国に加盟した。
インクヴァルト.png中華統一戦線は日本が滅びた後、反中華民国勢力となったようだな。
https://i.imgur.com/hthGJM3.jpg
インクヴァルト.pngそればかりか、フランスコミューンが連合入りしているのか。もはやねじれもいいところだな。
https://i.imgur.com/64MMnLm.jpg

シュシュニック2.pngそして中国戦線の戦いが終わったよ。
https://i.imgur.com/AkhrAQS.jpg
インクヴァルト.pngそれにしてもこの人的資源、羨ましくて仕方がない。
エグルゼーア.png予備人的資源60M!?(ごくっ)
https://i.imgur.com/5APkxiz.jpg

シュシュニック2.png6000万人の兵士ってどんな軍隊なんだ・・・
エグルゼーア.pngはい。トイレとかすごい混みそうです。
シュシュニック2.pngそういう問題じゃないでしょ。
エグルゼーア.png副首相は軍隊経験がないからわからんでしょうが結構トイレ事情は大変なんですよ!
インクヴァルト.pngその人的資源だが、ドイツとソ連の人的資源がカラカラになった。そろそろ反撃に出るぞ。
https://i.imgur.com/ic2DgVs.jpg

シュシュニック2.png現代戦車も開発と配備が終わっている。いつでもいいよ。
エグルゼーア.png首相、私より基本的な作戦を説明いたします。
インクヴァルト.pngうむ。
エグルゼーア.png我がオーストリアは3州を中核州としております。ザルツブルグ、リンツ、ヴェルス、インスブルックなどの都市を奪還することにより中核州の支配権を得ることができます。
https://i.imgur.com/kjVojGf.jpg

エグルゼーア.png我々の部隊はそれほど多くありません。これらの都市を含む最小限のプロヴィンスを取り戻し、中核州の支配権を確立し・・・
シュシュニック2.pngそして奪われた人的資源を取り戻し、一気に増強する、ということか?
エグルゼーア.pngはい。ご明察です。副首相、そうなります。
インクヴァルト.pngいいだろう。作戦を開始してくれたまえ。
エグルゼーア.png西に進撃。これで中核3州の支配権を取り戻しました!
シュシュニック2.pngおお!予備人的資源が250kに!!
https://i.imgur.com/RC1exon.jpg

インクヴァルト.pngこれで戦力的に一息つけるな。ん!?
https://i.imgur.com/GAvKiSX.jpg

エグルゼーア.pngひぃいいい!!今の光は!?
インクヴァルト.pngあのときと同じだ!!
シュシュニック2.png新型爆弾か!
エグルゼーア.png新型爆弾!?
インクヴァルト.png落ち着けふたりとも。攻撃を行なっているのは味方である連合国側だ。
https://i.imgur.com/Kq3ftfo.jpg

シュシュニック2.png確かにイタリアやドイツに投下されているな。何という皮肉か・・・

ヒトラー.pngな、なんだ!?まさか奴ら先に開発を・・・!!

インクヴァルト.pngドイツの動揺は計り知れないだろう。この隙に一気に攻めあげるぞ。
エグルゼーア.pngこの先は南下を行なってイストリアにある港湾を奪取し、連合国との輸送ルートを確保する南下作戦。
エグルゼーア.pngあるいは逆に北上し、ドイツを一気に叩く北上作戦があります。どちらを選択すべきでしょうか。
https://i.imgur.com/qiCjRtf.jpg

インクヴァルト.pngここは北上だ。意外にドイツ、イタリアの勢いが弱い。
シュシュニック2.pngやはりここは一気にベルリンを目指す?
インクヴァルト.pngそうだ。だが理由は他にもある。
シュシュニック2.pngというと?
インクヴァルト.png帝国再建だ。
https://i.imgur.com/LryyQIl.jpg

エグルゼーア.png帝国!?
インクヴァルト.pngこれまでドイツ人を中心にどうドイツを統一するか。そればかりを考えてきた。
シュシュニック2.png・・・インクヴァルト。
インクヴァルト.pngそして私自身もオーストリアはドイツに統合されてこそ、立ち直れると信じられてきた。
インクヴァルト.pngだが、この情勢で生き残るには、オーストリアを中心に民族を再統合し、ドイツを含めたヨーロッパを統一すること・・・・
インクヴァルト.pngそしてオーストリアがドイツを超え、彼らに対する奴隷根性を捨ててこそ、真に我々はオーストリア人としての自我に目覚めることができるだろう。
インクヴァルト.pngそれが本当の意味での併合だ。
シュシュニック2.pngオーストリア人か。インクヴァルト、キミも変わったな。
インクヴァルト.png君が教えてくれたことだ。シュシュニック。
シュシュニック2.pngだが、約束してほしい。ドイツ領を加えた帝国の復活は、連合国にも警戒を与えてしまうだろう。
シュシュニック2.png民族再統合を戦争の道具や理由にしないことを誓ってほしい。
インクヴァルト.png・・・わかった。約束しよう。
エグルゼーア.png・・・
インクヴァルト.pngということで、北上する理由はソ連に占領される前に、旧帝国領であるチェコスロバキアやハンガリー、ルーマニアなどの領土を「保護」するぞ。
エグルゼーア.pngはい。軍を再編成し、新たに徴用した新規の歩兵は本土の防衛。そして、これまでウィーン防衛戦で鍛えに鍛えた部隊は北上し、チェコ領やベルリンを目指して進撃します。
インクヴァルト.pngよし!行け!
インクヴァルト.png(あの新型爆弾の光、私がその光を手に入れることができれば・・・!)

ついに長い長い防衛から反撃に移ったオーストリア軍。
このとき、シュシュニックはインクヴァルトの野望にまだ気づいていなかった。

第4章 野望の発芽


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-07 (水) 21:04:49