HOI4/大進撃!第三帝国/独ソ戦争

お前もこちら側だ(意訳)

スクリーンショット (784).png

スクリーンショット (789).png

リベントロップ.JPGフィンランド以外のスカンジナビア各国とデンマークが枢軸への参加を要請してきました。

ヒトラー.png迎え入れなさい。

1942年10月15日:数の暴力

スクリーンショット (791).png

デーニッツ.png遂にドイツ海軍の在籍駆逐艦数が100となった。これで海軍大国の仲間入りだな!

レーダー.png駆逐艦主体戦術………、フランス………、ジューヌ・エコール………、うーん頭痛が。

1943年4月16日:最後の戦い

スクリーンショット (792).png

ヒトラー.png邪悪なアメリカが我が友邦の大日本帝国に戦争を吹っかけた。ドイツ及びイタリアは日独伊三国同盟に基づいて参戦し、全ての枢軸陣営参加国に協力を要請する。

ゲッベルス.pngというわけで、最後まで残った仮想敵国アメリカを下しに行きます。

スクリーンショット (793).png

ルントシュテット.pngアメリカ本土戦は五大湖を境に、旧カナダ東部を放棄して西部から侵攻する。

ロンメル2.png南部国境からも独日共同で戦線を構築するぞ。

スクリーンショット (794).png

スクリーンショット (797).png

シュタイナー.PNGいい機会なのでほったらかしにしてたベネルクスとスイス、アイルランドも適当に塗り絵しておこう。

スクリーンショット (795).png

リベントロップ.JPG開戦から5カ月が経ち、まずは日本軍がロサンゼルスに到達しました。

スクリーンショット (800).png

ゲーリング.png東海岸にはイギリス軍が上陸作戦を決行して成功。ニューヨークを占領してくれている。

スクリーンショット (801).png

リベントロップ.JPG年明けして暫く経過した本土戦線です。お互いに最新鋭装備による殴り合いですが、ここまでは順調ですね。

スクリーンショット (803).png

ヒトラー.png日本のインドシナ侵攻に便乗してブータンとネパールを落としたり…。

スクリーンショット (804).png

ヒトラー.png日本がハワイやフィリピンやオーストラリアなんかに遠征してたり…。

スクリーンショット (805).png

ヒトラー.pngまあ色々やってたら降伏したぞ。1944年7月末の終戦だから、だいたい1年3か月かかったな。

スクリーンショット (806).png

ヘス.gif講和によりドイツはアメリカ本土の約8割とベネルクス、スイスを割譲。傀儡のイギリスがアイルランドを統一し、日本がオセアニアや太平洋の島々とアメリカの残りを貰うなどしました。これで世界から我がドイツの敵は消え去りましたね。

ヒトラー.pngこれでドイツの世界的地位は揺るぎないものとなったな。

ゲッベルス.png経済でも、軍事でも、ありとあらゆる利権はドイツがトップですな。これだけの領土を統治するには人やモノがやや不足するでしょうが、まあ何とかなるでしょう。

ここからはエピローグです

世界レベルの国策

スクリーンショット (810).png

ヘス.gif今までのドイツ経済は戦争に頼り切りでした。そこでドイツの新たな領土である旧ソ連やアフリカ、アメリカにおいて大規模なインフラ整備を行い、雇用の促進を図りましょう。

ヒトラー.png要は世界中にアウトバーンを張り巡らせるわけだ。既に国内で成功を収めた事業だから、失敗することはないだろうな。

大国の威信をかけて

スクリーンショット (807).png

スクリーンショット (808).png

スクリーンショット (809).png

デーニッツ.pngドイツや我々の友好国の最新技術を惜しみなく投入した最新鋭の艦船が、遂に建造を開始した。

ゲーリング.png上の画像から順に『オイローパ級航空母艦』、『ヒンデンブルク級戦艦』、『ローン級巡洋艦』と命名。順次旧式艦を置き換えていくぞ。

高い城の男

ある日のDie Welt誌の小記事

 ここ最近、ワイオミングの作家が手掛けたSF小説が話題となっている。『高い城の男』というタイトルのこの小説は、世界を巻き込んだ大戦争で英仏米が勝利した世界―――いわゆる連合国と呼ばれていたかつての大国たちがドイツやイタリア、日本を下して世界の覇者となった架空世界を舞台としている。

 作中の架空世界は、ある出来事で国王が絶対的権力を手にしたイギリスがソビエトやドイツ、日本などをフランスやアメリカと共に打倒し、更にはフランスやアメリカを裏切って侵略し世界を支配している。また『枢軸国が連合国に勝利した世界を描く小説』や極東地域に伝わる伝統的な占術が世界規模で流行しているなど、全編を通して独創的な設定が多くみられることが評価された。

 一見するとドイツ政府が嫌悪感を露わにしかねないような出版物であったが、シャハト経済相はこの小説について肯定的な見解を示し、ヒトラー首相も愛読していることを公表するなど、概ね好意的な見方が多数を占めているようである。

終劇!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ではまた次回作で………。

HOI4/大進撃!第三帝国


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-06 (火) 23:52:25