HOI4

重巡洋艦というのは微妙な立ち位置にある。主力を任せるには不安があるので、現実的な役割としては空母の護衛か戦艦艦隊の水増しあたりになるだろう。
コストパフォーマンスとしてはどうなっているのだろうか。
ドクトリンは互いに艦隊保全、弾薬は小型と中型を一段階、大型をフル改造してある。

柱は太い方がいい

やる前から結果は見えているが、一応、超大型戦艦との関係を確認しておこう。
こちらの超大型戦艦(コスト15000)を2隻

超大型.jpg

軽巡(コスト4100)を8隻用意する。

護衛軽巡.jpg

重巡は主力艦の中でも魚雷を搭載できるので、使ってみたい。そこでこれを使う。

重巡.jpg

コストは4900だ。軽巡は相手と同じものを使う。重巡3、軽巡12の艦隊だ。

訓練をして戦った結果が、こちら。

第一戦闘.jpg

超大型は半分くらいしか削れない。つまり、主力水上艦隊を任せるのであれば、重巡よりも超大型戦艦の方がコスパがいいと思う。

安い艦としてはどうか

重巡を使うなら、役割上のライバルは巡洋戦艦になる。
こちらの巡洋戦艦(コスト10100)と試してみよう。

巡洋戦艦.jpg

一応、装甲は訓練すれば29.1になるので、重巡には貫徹されないはずだ。これを2隻と先ほどの軽巡を8隻。
重巡側は、軽巡を2隻減らすことにする。

第二戦闘.jpg

注目されるのは、巡洋戦艦側の大型砲がさほどのダメージを出せていない点だ。
護衛艦が全滅してしまったので、ここからは巡洋艦隊全員の魚雷が巡洋戦艦に向かう。

第二戦闘.jpg

重巡の圧勝だ。

もう一度試してみよう

念のため何度か試してみた。巡洋戦艦が勝つこともある。

第三戦闘.jpg

何が違うかというと大型砲だ。
重巡の大型砲は巡洋戦艦に貫徹を取れていないので当たってもクリティカルになりづらい。
これに対して、巡洋戦艦の主砲が重巡に当たると、まだ互いの護衛艦が残っているような早い段階でそのまま撃沈に持ち込むことがある。
その結果、艦隊の火力が足りなくなって重巡艦隊は全滅する。
巡洋戦艦と重巡の勝負は、コスパ的には、巡洋戦艦の主砲がどのタイミングでクリティカルを出すかにかかっているといえる。
何度か勝負してみたが、巡洋戦艦側の方がわずかに分がよいくらいだと思う。

結論

 レポート筆者の見解では、単純な戦闘力からコスパを比較すると重巡と巡洋戦艦にそれほど決定的な差はない。
 重巡のいいところは一艦当たりのコストが安いので数を増やせるところにある。空母や超大型戦艦でコストがギリギリになってしまったとき、水増し用の重巡にはきちんと需要があると思う。
 逆に、数が増えてしまうのが悪いところでもある。コストがそれほどギリギリでないなら、ポジション補正の関係で巡洋戦艦を使った方が強い場面も多いだろう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-21 (土) 12:40:16