オランダ防衛戦記

1944年 欧州戦線の死闘

ウィルヘルミナ.pngでは、1944年を始めていきましょうか

コレイン.png今年もよろしくお願いいたします

コレイン.png年始のスライダーはタカ派に振りました。これでタカ派はMAXです

ウィルヘルミナ.png大変結構

 

1月〜 ポーランド戦線

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380443_org.jpg

ディクスホールン.pngポーランドに上陸した戦車師団は1月の時点で8になっております。少数でもソ連軍を包囲殲滅できないかと画策していたのですが

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380410_org.jpg

ディクスホールン.png我が軍の動きに呼応したフランス軍がポーランド沿岸部に戦力を増強したため、ダンツィヒから領土が繋がりました

レインダース.png本当は包囲殲滅するように動いてくれると助かるのですが

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380431_org.jpg

コレイン.png2月初頭、こっそりつくっていた司令部師団III型が完成したため、レインダース中将を大将に昇進させたうえで指揮をとってもらいます

レインダース.png謹んで拝命します

ウィルヘルミナ.png頑張って頂戴

 

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380413_org.jpg

ディクスホールン.png最新型にアップグレードが完了した戦車師団を随時前線に投入し、3月上旬には司令部1、戦車10師団を攻勢に回しております。

ディクスホールン.png機動力を活かして小規模でも包囲を狙ったのですが・・・

レインダース.png基本的な戦力差が如何ともし難く、包囲の状況をつくることが困難です*1

ディクスホールン.pngこの後、倍程度のソ連軍の反撃を受け、包囲殲滅を避けるため、オランダ本国に全軍を撤退させました。

 

コレイン.png別件ですが、英国からの政治干渉により、スライダーが介入に1振れております。

 

4月〜 ヨーロッパ戦線の苦闘とイギリスの活躍

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380432_org.jpg

ディクスホールン.pngポーランド北部に戦力を回したこともあってか、ドイツの戦線が薄くなり、4月になるとフランスがソ連に押し返され始めました

ウィルヘルミナ.pngちょっとこれまずいんじゃないの

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380418_org.jpg

ディクスホールン.png5月にはザールブリュッケンにまでソ連軍が進出。我が国の占領した地域が危機にされされています

レインダース.pngフランス領イタリアの支援のために4個戦車師団をフランス方面に回していたのですが、本国の部隊と分断されてしまいました

ディクスホールン.png充足が危険な師団もありますが、ここを抜かれると本国しか残らないので死に物狂いで叩き返します

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380449_org.jpg

ディクスホールン.pngその後、必死に防衛を続け、なんとかケルンとドルトムント侵攻は阻止しました。

レインダース.png戦車師団は足が速いので、多方面攻撃をやりやすいのがいいですね。

ウィルヘルミナ.png冷や汗ものだったわ・・・

 

ディクスホールン.png一方でペルシア方面からソ連の後背を突いたイギリス軍は、高速師団が中心ということもあり、快進撃を続けております

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380446_org.jpg

ディクスホールン.png4月22日にはついにロシアを東西に分断、シベリアの工業地帯もほぼ制圧しており、ソ連のICはボロボロです

ディクスホールン.pngアルハンゲリスクにも上陸を成功させており、やりたい放題ですね

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380448_org.jpg

ディクスホールン.png5月14日にはタンヌ・トゥヴァが併合され

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380425_org.jpg

ディクスホールン.png8月1日にはモンゴルが滅亡しました。極東ソ連軍はもはや死に体でしょう

 

9月 ソ連の落日と領土切り取りレース

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380428_org.jpg

ディクスホールン.png9月1日、東から進撃してきたイギリス軍により、ついにモスクワが陥落しました

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380450_org.jpg

コレイン.pngソ連のICはゲーム開始時のフランスくらいになっています

ウィルヘルミナ.pngもはや連合国の勝利は確実ね

ディクスホールン.pngこの影響か、9月も半ばを過ぎるとヨーロッパ戦線におけるソ連軍の圧力も弱まってまいりました

ディクスホールン.pngイギリス軍がかなりのスピードで東から攻めあがってきていますので、我が国も攻勢に転じます

 

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380451_org.jpg

レインダース.png10月4日、充足が比較的マシな戦車師団11個を防衛線から引き抜き、ポーランド北部に揚陸、可能な限り東欧の確保を狙います

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380465_org.jpg

レインダース.png10月16日、ワルシャワ攻囲を開始。ほどなく攻略に成功しました

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380468_org.jpg

レインダース.png10月26日、キュストリン攻略作戦を発動同。ここを分断すればヨーロッパのソ連軍をほぼ完全に孤立させることが可能だったのですが・・・

レインダース.png補給地点が近いためかソ連軍の指揮統制が高めで、結局寸断は叶いませんでした

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380471_org.jpg

レインダース.pngとんで12月3日、ビドゴシュチ攻略戦。この頃になるとソ連軍は数的にも脅威ではなくなり、寡兵の我が国でも優位に戦えるようになりました

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267380480_org.jpg

レインダース.png5方向から攻撃をかけているのですが、60%も戦闘ボーナスがついていますね。

 

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267387797_org.jpg

ディクスホールン.png12月12日の時点におけるポーランド付近の様子です。北海から上陸してくるイギリス軍の援護もあり、ほぼ一方的にソ連軍を蹴散らしています。

ウィルヘルミナ.png・・・払った犠牲分の領土は得られそうかしら

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/267387835_org.jpg

コレイン.png12月14日、ついにイギリス軍が太平洋に到達、ソ連横断を成し遂げました

コレイン.png戦争の終わりも近そうですね

 

フルストナー.png次回に続きます(出番ないな・・・)

 
 

前回 → 1943年 対ソ戦争の開始

次回 → 1945年 不思議大戦の結末


*1 作者のプレイスキルが低すぎるだけかもしれません

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-02 (火) 23:12:43