オランダ防衛戦記

国家紹介『AOD1.10におけるオランダ』

ウィルヘルミナ.pngごきげんよう。第4代オランダ国王のウィルヘルミナよ。いわゆる国家元首というやつね

コレイン.pngお初にお目にかかります。政府首班のヘンドリックス・コレインです。

ウィルヘルミナ.png今回はゲーム開始に先立って、AOD1.10環境における我がオランダの状況を解説させて頂くわ

コレイン.pngどうぞよろしくお願い致します。

 

地理と経済

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880502_org.jpg

コレイン.pngオランダはいわゆるベネルクス3国のひとつで、東にドイツ、南にフランスという二つの大国に挟まれています。

ウィルヘルミナ.png日本では風車とチューリップの国として有名かしら

 

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880474_org.jpg

コレイン.png本国の他に、インドネシアに広大な植民地を保有しており、そこから豊富な金属、希少資源、石油を得ています。

コレイン.pngまた、南アメリカのパラマリボ(現在のスリナム共和国)からも大量の金属を獲得しております。

ウィルヘルミナ.pngはっきり言って資源大国よ。持てる国と言えるわ

 

コレイン.pngさらに、カリブ海のクラサオ(キュラソー)にも領土を保有しております。

コレイン.pngこのクラサオにはIC1が存在しており、なぜこんな島に工場が??と思わせますが・・・

コレイン.pngここにはロイヤル・ダッチ・シェル社がベネズエラ産の原油を扱う石油精製所を建設していたようです。そのためのIC1と思われます

ウィルヘルミナ.png手広くやっているわね

コレイン.png大航海時代ほどではないとはいえ、元列強ということですね

コレイン.pngちなみに、このクラサオは21世紀の現在でもオランダ王国の構成国のひとつであるようです。

 

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880483_org.jpg

コレイン.pngオランダはゲーム開始時に大量の資源を輸出して外貨を稼いでおりますが、すべての輸出を切った状態がこちらです。

ウィルヘルミナ.png金属と希少資源はすごいけど、エネルギーはそこまででもないわね。

コレイン.png工場を増設するのであれば、エネルギーの確保と備蓄は必須と言えるでしょう。

 

コレイン.png特筆すべき点として、インドネシア、南米、カリブ、全ての植民地が本国プロヴィンス扱いとなっております。

コレイン.png仮に本国を追われたとしても、インドネシアで工場を増設しておけば、ある程度頑張ることが可能です。

ウィルヘルミナ.png人的資源が増えないからその点地獄を見ることになると思うけど。

 

コレイン.png基礎ICは31、現在の実効ICは34です。開戦までに工場を増設して研究ライン3本までもっていくことも可能でしょう

コレイン.pngただし、民主国家ですので、研究機関の稼働数を増やすと資金消費が跳ね上がることにはご注意ください

 

軍事

コレイン.png次に軍事です。

ディクスホールン.png参謀総長のエイドリアン・ディクスホールンです。軍事については私が

ディクスホールン.pngまずは陸軍から

ディクスホールン.pngこちらの表は『チェコスロヴァキア 神の加護無き国』様からお借りしました。この場を借りてお礼申し上げます。

陸軍歩兵騎兵自動車機械化軽戦車戦車空挺海兵山岳守備隊HQ民兵総計
オランダ110000000000011

ディクスホールン.png本国に歩兵8個師団、砲兵旅団4。インドネシアに歩兵3個師団が存在します。

ウィルヘルミナ.png意外と悪くないわね。あまり多くても維持が大変だし

 

ディクスホールン.png次は海軍です

海軍空母軽空母戦艦巡戦重巡軽巡駆逐艦潜水艦原潜輸送艦総計
オランダ000003230412

ディクスホールン.png潜水艦を含め、小型艦が8、輸送艦が4存在します。

ウィルヘルミナ.pngうーん、輸送艦の護衛くらいには使えるのかしら・・・

コレイン.png航続距離3000km未満の旧式艦ばかりなので、通常は解体コースでしょうね

 

ディクスホールン.png空軍は存在しません

ウィルヘルミナ.pngないの!?

ディクスホールン.png史実においては予算の問題でWWI後に規模が縮小され、空軍が旅団規模に拡大されたのも1939年になってからのようです。

 

政策と閣僚

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880476_org.jpg

コレイン.pngこちらが1936年開始時の閣僚と政策スライダーです。

コレイン.png政策スライダーは民主に振り切れており、かなり右寄りなため、自由経済派となっております

ウィルヘルミナ.pngハト派と孤立MAXなのが痛いわね・・・

コレイン.pngおいおい動かしていく必要があるでしょう。

 

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880505_org.jpg

コレイン.png注目すべき閣僚として、国家元首である陛下が「厳格な帝国主義者」(消費財需要:-5%、ユニット生産コスト:-10%)です

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880500_org.jpg

コレイン.pngまた、政府首班である私が「寡黙な勤勉家」(IC:+5%)と、交代が難しい閣僚二人が極めて優秀ですね

ウィルヘルミナ.png自分で言っちゃうの?

コレイン.png私はゲームのキャラクターに過ぎませんので

ウィルヘルミナ.pngちょっと、発言がメタすぎるわよ

 

コレイン.png史実におけるヘンドリック・コレイン氏は元陸軍士官として植民地で活躍。帰国後に、政治家としても活躍しつつバタビア石油会社社長、アジア石油会社の重役を兼任。

コレイン.png世界恐慌や、それに伴う国内でのファシズム勢力の台頭にも対処するなど、極めて優秀な人物であったようです。「寡黙な勤勉家」に相応しい経歴の持ち主と言えるでしょう

コレイン.pngナチス・ドイツに協力しなかったため、1944年に収容所で亡くなっています

 

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880481_org.jpg

コレイン.pngちなみに、先達のAAR『絶対防衛黙示録〜和蘭ハ道路ニ非ズ〜』様でサブ(潜水艦)オタの誹りを受けている「潜水艦重視」の軍需大臣、オウド氏ですが、

コレイン.pngAODにおいては TC:+5%、設備再編期間時間:-10%、海軍研究:+10% と能力が強化されております。

ウィルヘルミナ.png天才的実務家や鉱山起業家タイプが登場したら即交代させることに変わりはないわ。

 

国策

コレイン.png国策についてです

コレイン.png国民の意識(NATIONAL IDENTITY)は帝国的世界観となっています。

コレイン.png植民地MPと植民地ICにボーナスがつきますね。海外のICを考えるとIC+0.8〜0.9くらいの効果がでているかもしれません

ウィルヘルミナ.png全くの無駄とは言わないけど、イギリスほどの意味はなさそうかしら

コレイン.pngインドと違ってインドネシアにはMP産出プロヴィンスもありませんからね

 

コレイン.png社会政策(SOCIAL POLICY)はリベラル重視です。

コレイン.pngメリットは研究+5%。デメリットは物資消費を消費財需要+5%となっております。

ウィルヘルミナ.pngいまいちパンチが薄い国策よね。現在の体制なら「自由経済重視」が使えるから変更かしら

 

コレイン.png国家の文化(NATIONAL CULTURE)は集団労働倫理となっております。

コレイン.png効果はIC:+5%、設備再編期間:-10%、マンパワー:-5%です

ウィルヘルミナ.pngマンパワーが減る国策は困るわね、なるべく早く変更よ・・・、って

ウィルヘルミナ.png3つの国策全部スウェーデンと一緒じゃないの

コレイン.pngヨーロッパの民主国家はわりと似たような国策なのかもしれません

 

研究機関

http://art5.photozou.jp/pub/252/3259252/photo/265880485_org.jpg

コレイン.png最後に研究機関です。

コレイン.png1936年の時点では16の研究機関が存在し、1937年に空ドク研究機関がひとつ、1946年に核・コンピュータ研究機関がふたつ追加されます。

コレイン.pngDD、DDA時代より少しだけ強化されている感じがしますね。

コレイン.pngスキル値は4〜7で、特に苦手項目もありません。全体的に中堅国家プラスアルファクラスの研究機関と言えるでしょう。

ウィルヘルミナ.png特に困る、ということはなさそうね。

コレイン.png「王立オランダ陸軍」と「王立オランダ空軍」は1940年1月1日になると消えてしまいますので、特に陸ドク研究の際にはご注意ください

 

ウィルヘルミナ.pngというか、我が国はIC30超えの中堅国家なのに、国力で劣るスウェーデン(29チーム)よりだいぶ少ないわよ

コレイン.pngスウェーデンの研究機関がやたら多いのはパラドのえこひいきではないでしょうか

コレイン.pngそれに、数が多くても実際に使用する研究機関は限られていますよ

 

まとめ

コレイン.png以上、AOD1.10環境におけるオランダの紹介となります。

ウィルヘルミナ.pngタイトルにあるように、1940年にドイツ軍が押し寄せてくるけれど、それに対処するだけのスペックは持ち合わせているわ。

コレイン.png中小国家の常で、人的資源には悩まされますが、それなりに色々なことができる国なのでおすすめです。

ウィルヘルミナ.pngそれでは、本編でお会いしましょう。

 

次回 → 1936年 その1 国土防衛のために


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-07 (火) 20:35:08